円滑なコミュニケーションをとるために実践したい

皆さんは「コミュ障」という言葉をご存知でしょうか。

中には病院に通うというほどの方もいらっしゃいますが、大半の場合には人間関係を作ることがうまくない・人と話をするのができない・空気になじむことができないなどという場合にさす言葉として使用されているようです。
そんなコミュ障ですが、克服したいと考えている方もいらっしゃるようです。
そこで今回は、コミュ障克服のアプローチについて考えてみましょう。

慌てず落ち着いて人と接してみよう

コミュ障だという方はついつい早口になるという傾向があるのです。
苦手意識から不安感が生まれて結果、早口になるという事が言われています。

自分自身でも「慌てた話し方をしているな」と感じた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、早口になるとどうしても言い間違いなどが増えてしまいやすくそれが動揺にもつながりかねません。

そこで実践したいのが「ゆっくり話す」ということです。
意識をしていただくだけでどなたでもできるアプローチです。このことによって自分自身にも余裕が生まれますし、相手との会話がスムーズになるということもあるでしょう。

間合いについて考えるだけで関係もスムーズに

コミュニケーションが苦手という方は「会話の空気が嫌だ」という方が多いようです。
間が持たない・相手が話しているときにどのようにふるまえばよいのかが分からないなどという声もあります。

この時にポイントとなってくるのが「相槌」です。
相槌は会話をスムーズにするために必要なことといわれていますが、これは人間関係をスムーズにするためにも大切であるという事ができるでしょう。
常に相槌をうつというのは良くない事ですが、適度に撃つことを意識してみましょう。

他愛もない会話であったとしても・自分自身があまり面白くないと感じた場合でも相槌は「必ずうつもの」と認識しておきましょう。

相手に対して興味を持つという事

意識をして話を勧めようとするとうまくいかなくなってしまうこともあるでしょう。
ですからまずは「興味を持つ」というところから始めてみてはいかがでしょうか。

興味を持つようになると、自然とその話を広げたり掘り下げたりという事をするようになります。
自然と質問が出てくるという時は先のような状態だからなのです。

また、細かな変化などにも気が付くようになりますのでそこでまたコミュニケーションをとることができるようになります。
そうして上手な人間関係を形成できるのです。

自らが知らないことに関しては興味を持てないという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合には「教えてもらう」というところから興味を持ってみるのも良いかもしれません。
そうすることによって相手も「興味を示してくれている」とダイレクトにわかりますので距離感も近くなるでしょう。