人間関係の中に生まれる断るという行為

社会生活を過ごしていく上において、人間関係というものは必要になってきます。
コミュニティの大きさは別としても必ず生まれてくるものです。

その中で不条理だと思う事や本位とは違う流れができてしまう事もあるでしょう。
そこで今回は「断る」ということについて考えていきましょう。

断る勇気は必要なのかについて考える

答えから言えば「イエス」でしょう。
断る勇気を持つという事は、現代社会においては大切なことと考えられています。

例えば、何かを言われたとき、その言葉を強制的に感じてしまったり時にはたった一言で緊張してしまう・プレッシャーになり空回りをしてしまうという事もあるでしょう。

この状態を放置しておくことで、心の内側・関係性の内側で悪循環が始まってしまいます。
それがストレスの元ともなりますし、人間関係が劣悪になってしまうということもまたあるのです。

だからこそ、ことわるという勇気が必要なのです。
もちろん、自分自身のわがままだけで断るという事は良くありません。
何らかの不都合が生じるという場合・請け負いきれないと感じた時には「できない」ということをはっきりと伝えるのが良いでしょう。

代替え案を出すという手段を身に着けてみよう

断ることは必要だと言っても、中には会社などにお勤めをされている方ですとそれも難しいという場合もあるでしょう。
そのような場合には断ると同時に「代替え案」を提案するという方法もあります。

自らができる範囲のことを1つ提示するのです。
このことで、気持ちはあるということを表すことができますし、相手に不快感を与えることも少ないでしょう。

背伸びをしているという可能性について知る

そもそも、断れないという方においては「無理に頑張ろう」としている傾向があるといわれています。
断ることによってダメな人間だと思われるのではないか・仕事ができないと思われるのではないかと感じてしまうのです。

この思考を断ち切るのも断りやすくするポイントの1つです。
簡単に言えば「背伸びをしないように心がける」ということになります。

断った後の人間関係の作り方について考える

断った後、人間関係を築いていく上において気がかりになってしまうという場合にはやはり「その後の関係の作り方」のポイントを抑えておくのが良いでしょう。

誰でも簡単にできることは「挨拶を率先してすること」です。
そんなことでと思われるかもしれませんが、これは非常に重要なことなのです。

人間同士の関係を良好に作るために最も必要な事柄ともいわれていますし、仮にぎくしゃくしているような感覚があっても笑顔で挨拶を続けていくうちに人間同士が円滑に進み始めるという事も意外とよくあることとされているのです。