人間関係はおのずと自分を見つめるところからはじめる

皆さんは人間関係で悩みがあるでしょうか?

そんな質問をすると、恐らく多くの方が「ある」と答えるのではないでしょうか。
学校・近所・職場とさまざまな環境でそれぞれの人間関係というものが形成されています。

だからこそ、日々の生活が過ごせていると言っても過言ではないかもしれません。

言葉の通り人との関わり合いが人間関係ですがまずは「自分」に目を向けてみることがその第一歩なのです。
そこで今回は自らできる円滑にすすめていくポイントについて見ていきましょう。

自分自身のことを大切にできていますか

自分のことが好きというと、日本においては「ナルシストと思われるのではないか」という方も多いようです。
しかし、世界に目を向けてみると自分を好きだという方が圧倒的なのです。
言葉を変えて言えばそれは「自分を大切にしている」といっても良いでしょう。

まずは自分を好きになることから始めてみましょう。
そしてよりよい自分でいられると感じたものは積極的に取り入れていくように心がけていきましょう。

それだけでも自分を大切にできるようになりますし、そしてそれが結果として大きく人間同士に良い影響を与えてくれるのです。

The recommendation site
効果のあった本当に効くダイエットサプリ
数多く存在するサプリをいち早く自分好みの商品をお探しの方はこちらへ

現在、人とのかかわり方で悩んでいるという方は、その根底を見つめてみると「他人との関わり合い」ではなく「自分との折り合いをつけられていない」ということも少なくないのです。

知らず知らずのうちに悪口を言っていませんか

ついつい悪口を言ってしまっているという場合も多いのではないでしょうか。
これは、関係を悪くする1つの要素となってしまいます。

中には「悪口の対象人物の耳に入らなければよいのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、悪口を伝えている相手からしてみれば

「信用できない相手」

「自分もいつか言われるのだろう」

..と考えがちです。

このことでもお分かりのように、悪口から有益なものは生まれないという事です。

また、指摘の方法にも触れていきましょう。
部下や後輩に何かしらの指摘をするというシーンもあるでしょう。
その際、欠点を中心に話をしていないでしょうか。
悪口とは違うものではありますが、ネガティブな部分を中心においてしまうことで相手も委縮してしまいますし、その周りの空気もどんよりと暗いものになってしまいます。

それぞれが違うという事。そしてそれぞれの力を組み合わせてこそスムーズな環境が生まれるのだという事を忘れないよわぅにしましょう。

尊重するという心について改めて考える

自分のことを尊重するのは決して悪い事ではありません。
しかし、相手を尊重しないという方法で自らを守るというのでは結果として人間同士は良くないものになってしまいます。
相手を見るばかりではなく「自分だったらどうなのか」という視点を持つことが大切なのです。

例えば、意見の不一致です。

このとき、どちらを尊重するかというのではなく「不一致そのものを受け入れていくこと」が大切といえるでしょう。
それぞれの意見をすり合わせ、その状況でのベストを導き出すという事が大切なのです。

PR 安くて飲みやすいと評判!
 朝食に最適なレッドグリーンスムージー

違いを認めるという事は、新しい自分・新しい思考が生まれる瞬間でもあるのです。
それは、自分自身の成長にもつながります。

しっかり謝ることは大切なことと認識しよう

幼いころは謝るという事をしていた記憶がある方も少なくありません。
しかし、成長につれてその記憶が少なくなっていくのではないでしょうか?
大人になるほどに謝るタイミングが分からなくなったり、なぜだか謝れなくなっている自分がいるという事もあるでしょう。
このぶぶんを見つめなおし改善していくよう心がけましょう。

謝ることが恥ずかしいという風潮があるようですが、決してそんなことはないのです。
謝ることによって、人間同士の距離感や信頼関係が深く・厚くなるということも言われています。

それを実践していくことによって、相手がもし謝るようなシーンに遭遇したときそれを「許す心」が生まれていることでしょう。
この許す心は人間同士の関係の上においても大切なことです。